怪我の翌日に痛みがない?!ホメオパシーに救われる

home-opathy

出典http://cbchomeopathy.com/

 

ホメオパシーという言葉を聞いたことがありますか?

私は膝の怪我をした日に、レイキの遠隔を受けました。さらに、遠くからAさんが病院まで駆けつけてくださり、学んでいる最中のホメオパシーのレメディをくださいました。本当にありがたかったです。

 

私はその場で飲みました。レメディ初体験!

 

レメディとは

ホメオパシーでは、「超微量の法則」に基づき、植物や鉱物などを高度に希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませます。

この砂糖の玉をレメディーと呼びます。

相談者はこの小さな砂糖の玉を舌下に入れ、溶けるのを待ちます。
レメディーは原物質のない程薄められていますので、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して使うことができます。
ホメオパシーでは、レメディーがバイタルフォース(自然治癒力)に作用していると考えられています。
ですからレメディーがその人の抱える不自然なパターンと適合している場合は共鳴し、自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かいますが、適合していない場合には、共鳴し、自然治癒力が揺り動かされる作用はありません。

このようにレメディーとは、相談者の自然治癒力を揺り動かし、自ら健康になろうとする力を引き出すためのものです。 ホメオパシーでは、自分以外に自分を癒せる者(治療者)はいないという考えが根本にあります。

日本ホメオパシー医学協会http://jphma.org/About_homoe/remedy.htmlより

 

私もレイキをやっていますので、この「自分以外に自分を癒せるものはいない、という考え方には深く賛同しますね。

 

レメディは砂糖玉でできていますが、初めて口にしました。味は砂糖そのもの。それでも、すごく暖かい感じがしました。さらに、膝がふわっと暖かくなってくる感覚がありました。

※私は体感があるほうなので、レイキの遠隔を受けていてもすぐに気付きます。もしかしたら、同時にレイキの遠隔をやっていただいていたのかもしれません。

 

そして翌日・・・

病院で処方された痛み止めも飲まず、湿布もせず(二つとも今回に限り意味がないということがわかっているので)、普通に歩けている自分に気付き、とても驚いたのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中