理由はなんでもいい、あなたは「怒りたい」だけ

IMG_3529

と、アドラー心理学では言っています。

感情は選択できる、ということですね。

怒るための理由を探しており、その理由になりそうなものを選んで怒っている、というわけのようです。

そして、怒ることで得をしたことがある成功体験のおかげで、「怒り」という感情の選択をするのだそうです。

 

ディズニーの「インサイドヘッド」という映画をご覧になりましたか?

女の子の頭の中で、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカがそれぞれ一人につき一つの感情を担当しており、女の子の状況によって感情を変え、その女の子の成長を守る描写があります。

すとんと落ちたのは、すべての感情はいいも悪いもなく、喜びも怒りも自分を守るために使っているということです。

人は感情を選択しているという考え方を知ってから、感情が動いた時(実際には動かしている)に「なぜこの感情を選んでいるんだろう?」と時々考えるようになりました。

 

あなたは、嬉しい?悲しい?怒っている?それならなぜその感情をなぜ選択しているのですか?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中