レベル2 講習〜レイキの面白さはここから〜

IMG_7830

今日はレイキのレベル2の講習があります。

西葛西駅前おしゃべりサロン「サロン・ド・Wako」さんにて開催です。

2名の講習生と、1名のモデルさんが参加されます。

 

レイキの良さは人によって違うと思いますが、私が思うところの良さがあります。

  1. 手を当てる時間に比例して、その人との関係が深まる
  2. 自分のあり方について考えるようになる「このままでいいんだ」「ありのままでいいんだ」と思えるようになる(レイキのあり方そのものです。)
  3. 相手をどうにかしようと思わなくなる→ストレスが減る

 

つまりは、レイキ=「愛情」なんですね。

IMG_7906

さて、今日はレベル2の講習です。レベル2は、レベル1で習った基本的な手の当て方に加え、よりパワーアップしてレイキを使いこなせるようになります。

具体的には、

  1. シンボル(印)マントラ(呪文)を唱えることによって、より自分の思いをコントロールして相手にレイキをすることができる
  2. シンボルとマントラを使い、離れた相手にも(あったことがなくても!)遠隔でレイキヒーリングをすることができる
  3. 未来や過去へ時間指定してレイキを遠隔できる。

私も習うまでは半信半疑でしたが、この「遠隔」ができるようになると、世界がぐんと広がります。習った直後には、フランスやハワイ、上海にいる人に「ちょっとやらせて!」と練習相手になってもらいましたが、「え!きてる!!!!」と言われてすごく楽しかったことを思い出しました。

IMG_7875

また、遠隔ができるようになることで、その場にいなくても「応急手当」の手伝いができるんです。これは本当にありがたい。私のように家族が散らばって生活しているような者は、誰かが怪我したとか入院したとか体調が悪い、といったときに、すぐに向かえない場合もあります。

そんな時に、「気」持ちばかりですが、レイキの遠隔をするんです。

手に感じるヒビキで、「ああ、こんなに辛かったんだな」とか、「だいぶ治ってきたかな?」など、口では心配をかけないようにと「大丈夫」なんて言っている人の辛さとか、回復を感じることができます。

IMG_7878

また、怪我した直後の「応急手当」がレイキの得意技ですが、どうしても同時に遠隔ができない場合でも手術の時間がわかれば時間指定で遠隔をすることで、術後の回復の手助けができます。

先日も手術の連絡と遠隔の依頼をいただき、出血の少なさと回復の速さについて驚きのご連絡をいただいたところです。

レイキのレベル2は、「遠隔」が醍醐味。魔法使いになったような気分になりますが、これが当然になってくると引き寄せ力も強くなってくると、感じている今日この頃です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中