外気功を習いレイキの良さを再認識

1月に気功整体を習いました。

先生は、この技術はどんどん簡単にしていって、自分のものにして後輩たちに教えていってほしいという素晴らしいマインドの持ち主でした。

実はレイキを教えている身として、内気功とレイキの違いについて学ぼうかと思っていたのです。しかし、どうしても疲弊したり、本人の訓練の度合いによって使いこなせる気の量が違うということが気になり、どうせならレイキと同じ外気功を学び、さらなる発展につなげようかなと思ったのです。

IMG_7749

レイキとの共通点が多く、これは本当に自分のオリジナルを作り、私のお教えするレイキの中でもレベル2、3まで習った人にぜひ教えて差し上げたい、と思いました。そして、さらにレイキの良さについて実感しました。ありのままを受け入れられるようになる、目の前のことを変えようとしない。その姿勢が素晴らしいのです。

レベル1だけでもとも思いますが、その人の精神性の向上度合いを考えると、きちんと実践を積んできている人にお教えしたいなと思うのです。

プログラムを組んでいるところで、これができるようになったら悩みは基本的になくなる、と思います。

IMG_7815

今までさんざん怪しい感じのことをやっていますが、脳と体質の改善を図っているだけ、あとはあるがままに任せるというところでは、すべて共通しています。

また、東洋医学では古くから「気」について研究されてきていますから、そのことについてもさらに学んでいきたいです。

3月の練習交流会、レベル1の講習会についてはこちら

謎の短期間レイキスクール

レイキを習いたい、と思った時には、きっとネットでスクールを検索すると思います。私もそうやってきたのですが、西洋レイキを教える中には「1日でレベル1〜3まで!」とか、さらに「ティーチャーまで!」みたいなことを謳うスクールがあります。

以下は、私の考えている最大の問題なので、そのスクールとあなたのニーズが合致するなら止めません。

DSC_0780 (1)

短期間で「資格」を取得したいあなたと、一気に収入が欲しいスクール側のニーズの合致

もうこれは仕方がない。落ち着いて考えて欲しいのですが、レイキは気の通り道をよくして体質向上することで、自他のヒーリングが可能になります。しかし、そこには手当の技が多少なりとも必要です。ちゃんとそのスクールは教えているんでしょうか。とくに、ヒビキ

答えは無理でしょうね。だって、一人のアチューンメントについては、15分を3セット→45分はかかります。それをレベル3までやるというのです。手当の練習や、ヒビキの感知の練習、相手を思いやる気持ち・・・それが1日でできるようになるんでしょうか。「テキスト読んでおいてくださいね」でしょうね。

私は、実習が一番大事だと思っています。人への触れ方は、テキストを読んでできるものなのでしょうか?私もかなり師匠に訓練してもらいましたし、そのおかげで自信をもって手当ができるようになっています。人への触れ方もきちんとできないような人が、ティーチャーになって、教えられることってなんなんですか?考えてみればおかしなことはわかりますね。

ですが、スクールは利益が欲しい。できればまとまって。そして、教わる側は資格としてティーチャーの認定が欲しい。スクールの良し悪しを判断するのは受講者ですが、受講者側の認識が「短期間で」と思っている限り、「謎の短期間スクール」はなくなりません。

IMG_7764

知り合いにも多いんです、習ったというから話していくと、「使い方が分からないから使っていない」とか。。。こちらとしては「使い方って・・・」(私のスクール生は笑っちゃいますよね

たぶんね、その人の問題よりスクールの問題でしょう。「使い方」という考え方がそもそもおかしい。正しくは、「手の扱い方」がわからないなら、実習不足でしょう。レイキは「体質を変えれば勝手に出ているもの」です。操るものではないのです。どちらにしても、スクールはちゃんと教えていない可能性が高いですね。高いお金を払っているのに、なんともったいないことでしょうか。

なのでせっかくレイキの良さについて話したいのに、残念な気持ちになることが多いんです。

1e59eb_235300868d4e4857bd64cfa1381757c0

その人が何を期待してレイキを習うのかは自由ですが、スクールの選び方としては

各レベルで実習をきちんと練習する時間をとっているところ(と考えると1日講習か、平日の数時間を3回に分けるなど)というのはマストでしょう。

特に、レベル1の講習と、そのあとの自分の実践をしっかりしていない人がレベル2になっても、よくわからないと思います。私は、早く進みたい人にも「待った」をかける場合もあります。ただ先を知りたいだけ、(遠隔ってなんだろう、ハイヤーセルフってなんだろう、すごいってみんなに言って欲しい〜、みたいな)な場合も往々にしてあります。

せっかく習うんですから使えるものにしていきましょうよ。ね。

3月の練習交流会・講習会のお知らせはこちら。